北海道でグランピング・手ぶらキャンプするならビレッジ大滝

北海道でグランピング・手ぶらキャンプするならビレッジ大滝


利用予約
Booking

【札幌近郊】手ぶらキャンプ前に知っておくべきルール!BBQ・ログハウス利用時もチェック

キャンプをする場合はもちろん、BBQでキャンプ場を利用する際やログハウスを利用する際にもキャンプ場でのルールをしっかりとチェックしておきましょう。ルールは初心者でも覚えられる簡単なものばかりです。事前に確認しておけば、他の利用客とのトラブルを未然に防ぎ、気持ちよく楽しむことができます。ビレッジ大滝はグランピングや手ぶらキャンプが楽しめるキャンプ場です。

札幌近郊にありアクセスもしやすいため、手軽にキャンプを楽しみたい方や自然を満喫したい方にぴったりです。

手ぶらキャンプを楽しむ前にもチェック!キャンプ場でのルール

キャンプ用品

手ぶらキャンプをする前に、持ち物や最適な時期を確認することは大切です。しかし、それよりも前に確認しなければならないのが、キャンプ場でのルールについてです。まずはルールをしっかりと確認して、気持ちよく楽しめるように準備をしましょう。

人のサイトを横切らない

手ぶらキャンプをはじめ、キャンプ場にはたくさんの利用者がいます。共有施設などを利用する場合はご自身のサイトから離れることになりますが、その際、他の利用者のキャンプサイトを横切らないようにしましょう。

テントを立てているキャンプサイトは庭のようなものなので、そのキャンプサイトを横切るということは人の家の庭に入っているのと同じことになってしまいます。子連れやキャンプ初心者の方は特に注意してください。

キャンプ場のルールに則る

キャンプ場内には、いくつかの共有施設があります。それぞれの場所にルールが設けられているため、しっかりと読んで確認しておきましょう。施設のルールを守らない場合、利用を制限される可能性もあるので注意が必要です。

ごみの分別

BBQやたき火などができるキャンプ場では、ごみの分別がとても大切です。ごみの分別方法は施設によって異なりますので、施設のルールに則りしっかりと後片付けを行いましょう。

手ぶらキャンプではスタッフが後片付けをしてくれることも多いですが、ごみの分別やある程度の片付けを終わらせておくとスムーズです。忘れ物や無くし物を防ぐことにもつながります。

騒音には気をつける

車の開閉音やエンジン音、話し声、音楽などは、他の利用客の迷惑になることがあります。

日中ならある程度大きな音が出ていてもあまり気になりませんが、度を超えた大きな音や夜間の音は気になるものです。節度を持って楽しみましょう。また、周囲に迷惑をかけないほどの大きさなら音楽をかけることもできますが、施設によってはスピーカーの使用を禁止していることもあります。事前に確認しておくとよいでしょう。

札幌近郊にあるキャンプ場ビレッジ大滝では、手ぶらキャンプがお楽しみいただけます。観光地も近い札幌近郊でグランピングや手ぶらキャンプ、通常のキャンプ、BBQを楽しむことが可能です。ご利用の際は、事前によくある質問をご覧ください。ログハウスは体調を崩された方のための救護施設、落雷時の避難施設として活用しています。

手ぶらキャンプでBBQを楽しむなら札幌近郊のビレッジ大滝へ!救護用・避難用ログハウスがあり安心

川沿いでキャンプ

キャンプ場を利用する前に知っておきたい、キャンプ場でのルールをご紹介しました。周囲の方の迷惑にならないように楽しむことはとても大切です。お互いが気持ちよく利用できるよう、心遣いを忘れないように心がけましょう。

札幌近郊で手ぶらキャンプをしたいと思っている方は、ぜひビレッジ大滝をご利用ください。テントやBBQ用品はビレッジ大滝が用意しているため、札幌近郊で気軽に本格的なキャンプがお楽しみいただけます。救護用・避難用としてログハウスもご用意しており安心です。

札幌近郊で手ぶらキャンプが可能なビレッジ大滝

会社名 株式会社ナカゾエ
運営責任者 中添 文則
住所 〒052-0303 北海道伊達市大滝区三階滝町40−9
電話番号 080-8045-1195
URL https://village-ootaki.com/