北海道でグランピング・手ぶらキャンプするならビレッジ大滝

北海道でグランピング・手ぶらキャンプするならビレッジ大滝


利用予約
Booking

【北海道】手ぶらキャンプを安い価格で利用!たき火のマナーとは?ログハウスの救護施設も完備

北海道で手ぶらキャンプする場合、キャンプ場の選定がとても重要です。安いだけでなく、近年ログハウス調のおしゃれなコテージ風キャンプ場や様々なことができるキャンプ場など、内容の濃いキャンプ場が多いです。

こちらでは、北海道で手ぶらキャンプをする場合のおすすめポイントや、たき火をする際のマナーについてご紹介します。手ぶらキャンプを検討している方は、ぜひ一度ビレッジ大滝までご相談ください。たき火や楽しいキャンプ内容をご用意してお待ちしております。

北海道で手ぶらキャンプサービスを選ぶポイント

北海道で手ぶらキャンプサービスを選ぶポイント

北海道で手ぶらキャンプを選ぶポイントは、安いだけではありません。近年手ぶらキャンプが流行していることで、キャンプ場では様々な試みがされています。ここからは、北海道で手ぶらキャンプをする際に知っておくと便利なポイントをご紹介します。ポイントを活用し、効率よくキャンプ場を選びましょう。

キャンプ用品の質・おしゃれさ

北海道で手ぶらキャンプをするための場所選びとして、とても大切なのが、キャンプ用品の質や、おしゃれさがあるかということです。インスタ映えするくらいおしゃれな施設が多いので、そう言った面からキャンプ場を選ぶのも手です。

予約は簡単か

予約はネットででき、すぐに確認がとれることもポイントの一つです。電話で予約しても、その後予約の詳細が手元にないと不安です。そういった面でもしっかりとしているキャンプ場は、その他の施設もしっかりと整えられている印象が強く、好印象です。

キャンプが手軽にできるか

手ぶらキャンプという名前のとおり、手ぶらでキャンプができるのが最大の魅力です。しかし、施設によってはキャンプが難しいと感じるサービスの場合があります。あらかじめ事前調査の段階で、本当に手ぶらでキャンプができるのか、難易度はどの程度なのかを調べてから行きましょう。

手ぶらでキャンプでは、キャンプの際のサポートを行っていることも多いので、そういったサポートを受けられるキャンプ場がおすすめです。

料金

安すぎても不安を感じますが、高すぎるのも問題です。いくつかのキャンプ場を比較して、料金がもっとも手ごろなキャンプ場を選択しましょう。安いキャンプ場でも、細やかなサービスを行ってくれるキャンプ場もあります。しっかりと吟味することがポイントです。

公共交通機関が利用できるか

北海道は広大な土地が魅力です。しかし、北海道でキャンプをするとなると、場合によっては公共交通機関の利用で行けない場所にキャンプ場がある可能性もあります。あらかじめ、公共交通機関を利用していける場所であるかを確認することが大切です。

ニーズや流行に敏感であるか

キャンプにも、流行が存在します。何が流行っているのかに敏感で、常にニーズや流行を取り入れているキャンプ場を選ぶことをおすすめします。

キャンプ場を選ぶ際は、サービスも大切ですが、それ以外の部分にも細やかに目を配ることで、失敗することなく手ぶらでキャンプが楽しめます。北海道で手ぶらキャンプをする際は、ビレッジ大滝へ。手ぶらキャンププランだけでなく、グランピングなども楽しめます。

万が一のための救護施設として使用しているログハウスはインスタ映えを狙う方にもおすすめですので、北海道で手ぶらキャンプをしたい方は、お気軽にご利用ください。

キャンプ場でたき火をする際のマナーとは

キャンプ場でたき火をする際のマナーをご紹介。

キャンプでは、たき火が人気です。手ぶらキャンプでもたき火をすることが可能です。しかし、その際マナーをしっかりと守らなければキャンプ場に迷惑をかけてしまいますのでたき火のマナーを知っておきましょう。

手ぶらキャンプでは、たき火台を借りることができます。たき火台を借りたら、まずは周囲に燃え移るものがないか確認してから火をつけましょう。また、燃やす際は有毒なガスや悪臭を発するごみなどは燃やさないように注意が必要です。薪が最後まで燃えた後、黒くなった部分は炭化しているので残さず、しっかりと処理をしましょう。手ぶらキャンプ以外でも、キャンプの際はごみを残さないのが最大のマナーです。

北海道の手ぶらキャンプでたき火がしたい場合は、ビレッジ大滝をご利用ください。たき火台をご用意しています。手ぶらキャンプの他にも、テントの設置も不要なグランピングも受け付けていますので、北海道でキャンプがしたい方は必見です。

北海道で手ぶらキャンプを楽しむなら料金も安いビレッジ大滝へ!おしゃれなログハウス完備

キャンプ場選びのポイントや、手ぶらキャンプ中にたき火をした際に知っておくべきマナーをご紹介しました。北海道で手ぶらキャンプをする際は、施設を選ぶ際にいくつかのポイントを押さえておくと、失敗なく選ぶことができます。ポイントを活用し、快適にキャンプを楽しみましょう。

北海道で手ぶらキャンプを検討している方は、ビレッジ大滝までご相談ください。プランによっては、安い価格でご利用いただけます。救護施設として利用しているログハウスもあり、北海道ならではの光景が楽しめるのも特徴。手ぶらキャンプをしたい方は必見です。たき火を囲んで素敵な思い出を作りませんか?グランピング・手ぶらキャンプのご予約、お待ちしております。

北海道で手ぶらキャンプのご予約ならビレッジ大滝

屋号 ビレッジ大滝
運営会社 株式会社ナカゾエ
運営責任者 中添 文則
住所 〒052-0303 北海道伊達市大滝区三階滝町40−9
電話番号 080-8045-1195
URL https://village-ootaki.com/
申込方法 ビレッジ大滝WEBサイトよりご予約ください。予約は、WEBサイトからの予約申し込み後、クレジットによる決済が完了した時点で成立します。予約成立後、電子メールにてご予約内容を通知します。
料金 ビレッジ大滝WEBサイトに掲載の料金となります。
お問い合わせ先 電話(080-8045-1195)又はWebサイトお問い合わせフォームからお問い合わせください。
■お問い合わせフォームURL